FC2ブログ

純黒の翼

当サイトはPC観覧推薦、テキストで行なってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■可愛い少年■

第8話

「おはよう・・・・?」

雪が教室のドアをあけると大勢、囲まれてる翼がいた。

「あっ! 雪~助けて(泣」

翼は雪に助けをもとめ抱きついた。
雪は状況がよく分からずに黙って扉をしめった。

「翼 状況がよく分からないんだが?」
「僕も分からないよ! 教室に入ったらいきなり囲まれて」
「いつまで翼ちゃんは雪に抱きついてるのかな?(裏笑」

いつのまにか来てた悠が後ろで笑顔で言った。
翼は抱きついてるのをやめ悠にあいさつをした。

「おはようございます 悠さん♪」
「おはよ~うw 翼ちゃん////」
「・・・・ってあの状況はなんだろうな?」
「それは秋ちゃんが原因なんだ(泣」
「「「わぁ! 咲哉」」」
「秋ちゃんがあのときの写真をみんなに見せたのが悪かったんだ・・・・」

あのときの写真とは
もっと可愛いくしちゃう計画のときに秋が翼を撮った写真のことである。
皆に見せたとたんあの状態になってしまったんだと咲哉は謝った。

「秋さん 写真撮ってたんですか・・・・」
「うん」
「まぁ~可愛いからな 翼は」
「俺の翼ちゃんなのに(バッシン」
「お前のものじゃないし!」
「入らないと困るけど・・・・怖いよ(泣」
「大丈夫だよ 俺が助けるからな!」
「悠さん」

翼は悠の後ろに隠れて
悠はドアを開けると翼を狙う獣達が襲い掛かってきた。

『翼君~www』
「・・・・お前ら、翼ちゃんに近づいたら殺すぞ(裏笑」
『はいっ!(怖ぇ!)』

悠は怒ると本当にするので皆は逃げ出した。
それをみて雪は一言。

「お前さ、ますます女に見えねぇよ」
「うるさい 俺は別に好きな人に女として見らればいいんだよ!」
「悠さん」
「なに? 翼ちゃ~ん」
「ありがとう こんな綺麗なのに強くって僕、好きになるよw」
「////翼ちゃ~ん////」
「友達として」
「・・・・あっそう」
「ははっははっはは(笑」
「雪 笑うな!」

翼はにっこりと笑って言った。

「悠さん、雪 もうすぐ授業だよ?」
「「えぇ!」」
「早く準備しないと雅希先生が来ちゃうよ」

翼達3人は早く準備して席についた。
次にある翼の道はどんな障害があるのかは進まなきゃ分からない。


★あとがき★

今回は秋が全然出てない(笑
名前しか出てないし!!
ごめん、秋様!
次回もギャグできます~♪
そして、いつ翼が悠を好きになるのでしょうか?
考えながら僕の下手な小説をよろしくお願いします m(_ _)m

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

■PROFILE■

翼士柚紗

翼士柚紗
9月5日生まれの
漫画、ネット、ニコ動依存症な
専門生
可愛い系の♂と
カッコイイ系の♀が
大好き♪
薄い腐女子です(^O^)/

好きなCP
マスレン・クオレン・ミクレンミク
アル菊・西ロマ・エリギルエリ
雪燐・志摩燐
青黒・黄黒・キセキ黒
エレリ・エレアル
遙凛・怜渚
櫂アイ・櫂レン・レンアイ
などです(//∀//)
遙凛・櫂アイがはまり中!

看板息子たち
【翼音つばさ(プロフ)】
【佐藤翼(プロフ)】
【椿そら(プロフ)】

Twitter
PIAPRO
PIXIV

FAVORITE
BEST

■SEARCH■



■MANAGER USE■

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。