純黒の翼

当サイトはPC観覧推薦、テキストで行なってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ボカロ■

マスターのこと。 2

外に出ると、黒色の高級自動車が止まっていた。
それは、運転手さん付きのマスター専用の自動車。
運転手さんの綾(りょう)さんがドアを開けて待っている。

「お嬢様・・・・今日は、やめられた方がよろしいかと・・・・」

綾さんは心配そうな顔でさっき、メイ姉が言ったことを言った。
どうして、出かけるのをやめるようにと言うんだろう?
ボクは、?がいっぱい出てくる。
マスターは、苦笑しながらも綾さんに言う。

「あや・・・・それ、メイメイにも言われたぞ?(苦笑」
「当たり前です! 今日は・・・・あの方に会う率が高いのですから!!!!」
「あや! 俺は大丈夫♪(微笑」
「お嬢様・・・・私(わたくし)は、心配なんです・・・・」
「大丈夫! ほら、行くぞw」

マスターは、優しく綾さんの頭を撫でて車へと入った。
ボクも車に入り、車は出発をした。

「まだ、心配してるのか? あや・・・・」
「だって、あの方は・・・・壊れているのですから・・・・」
「・・・・」
「マスター、どうしたの?」
「ごめんな、分からない話して! なんでもないぞ♪」

何でもない・・・・か、いつもそうだよね・・・・。
マスターは、何も言ってくれない。
マスターのこと、知りたいに・・・・ボクは!!!!
車は、花屋に止まった。

「ちょっと、待っててね♪ 花を買いにいくから!」

そう言って、マスターは車から降りた。
マスターが花を買っている間、綾さんに話しかける。

「綾さんって本当にマスターのこと、好きなんですよね!」
「////なっなな何言ってるんですか?////」

その反応が好きって言ってるから!
本当にライバル多いなぁ・・・・でも諦めない!!!!

「それにお嬢様は、お好きなお方がおられますから・・・・」
「え・・・・?」

マスターに好きな人? いるの? 嘘・・・・。
これじゃ、ボクの・・・・想いは・・・・。

「お待たせw ってレンちゃん、どうしたの?」
「・・・・大丈夫だよ♪ マスター」
「そう?」

悲しい顔しているよね、今・・・・。
そんな顔したくないのに・・・・。
ボクが落ち込んでいる間に目的地に着く。
そこは、墓地だった。

「ここなの?」
「そう♪ ここは、俺の家族が眠ってるところ」
「マスター?」
「さぁ、墓参りしようか! れんちゃん♪」
「お嬢様、私もついていきます!」
「あや、しなくてもいい!」
「・・・・はい」

マスターとボクは、墓地へと歩く。
綾さんは、黙って見送った。

「マスター、どうして綾さんはだめなの?」
「あや、心配しすぎ! それに俺は、大丈夫だから・・・・」
「マスター?」

今も倒れそうな顔になってる・・・・。
ボクは、そっとマスターの手を握った。

「レンちゃん?」
「マスター、別にいいでしょう?」
「うん♪ 積極的なレンちゃん、可愛いwwww」

少し元気になってる・・・・良かった。
そして、マスターの家族が眠ってる墓に着いた。
墓地のなかで一番綺麗な景色が見えるところにたてられていた。

「今日はね、母さんの誕生日なんだ♪」
「だから、歌をプレゼントにすることですか?」
「そうw」

マスターに笑ってほしい。
ボクの思いは、知らなくってもいいから。
マスターのため、マスターの家族のために歌うよw
聴いてください、【このうた】。

貴方の幸せを願ってもいいですか
僕のこの思いは捨てるから

僕は貴方が好きです
でも 貴方は違う人が好き

貴方は幸せになってください
貴方が好きだから
貴方が笑ってくれるなら
僕はこの思いを捨てられる

このうたは幸せを願う人々の祈りだから
僕は歌い続けようこのうたを
貴方のために


ボクは知らなかった。
後ろからある男が近づいてることを。
ボクは歌い続ける。

貴方の幸せを願ってもいいですか
僕のこの思いは捨てるから


[ガザッ]

草を踏む音が聞こえる同時に叫ぶ声が聞こえた。

「やめろ!!!! やめろ!!!!!(叫)」
「マスター、こんなに大声を出したら!」
「ゴホッ・・・ハァー・・・・」

叫ぶ声の持ち主は・・・・、あの人だった。
ボクを、ボクらを捨てたあの人。
あの人は、マスターを見ている。
怨憎があふれてきてる目で見ていた。

「なんで・・・・」
「やっぱり、来たんだね・・・・」

え? マスター・・・・。
知ってるの? あの人のこと・・・・。
どうして? ねぇ、マスター!


★あとがき★

やっと、できた~♪
一ヶ月、経ってしまってすみません↑↑
遊んでばっかりしていた原因です・・・・(苦笑
新キャラ登場なので詳しいことをここで書きます!
綾(りょう)さん、そらより4歳年上のそら専属の運転手。
そらに長年片想いしています(笑)
あだなはあや、名前があやと読めるから。
心配症でそら第一人間の一人である♪
車に乗るシーンにたぶん出てきます(え?
次回、あの人とそらの関係があきらかに!
短いあとがきですみませんが、これで失礼します m(_ _)m

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

■PROFILE■

翼士柚紗

翼士柚紗
9月5日生まれの
漫画、ネット、ニコ動依存症な
専門生
可愛い系の♂と
カッコイイ系の♀が
大好き♪
薄い腐女子です(^O^)/

好きなCP
マスレン・クオレン・ミクレンミク
アル菊・西ロマ・エリギルエリ
雪燐・志摩燐
青黒・黄黒・キセキ黒
エレリ・エレアル
遙凛・怜渚
櫂アイ・櫂レン・レンアイ
などです(//∀//)
遙凛・櫂アイがはまり中!

看板息子たち
【翼音つばさ(プロフ)】
【佐藤翼(プロフ)】
【椿そら(プロフ)】

Twitter
PIAPRO
PIXIV

FAVORITE
BEST

■SEARCH■



■MANAGER USE■

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。