FC2ブログ

純黒の翼

当サイトはPC観覧推薦、テキストで行なってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■可愛い少年■

第二話

〔キーンコーン カーンコーン〕

チャイムのベルが温室庭園に響く。

「今日の5時間目って体育だったよな!」
「はい、そうですけど?」
「はっ、やべよ! 俺達、着替えてねぇじゃん!」
「そうですね! では、急ぎましょう♪」

翼と雪は、教室に戻るために急いで温室庭園を出た。
そして、次のチャイムが鳴る終わるまでに二人とも体育館に着いた。

〔キーンコーン カーンコーン〕
「間に合ったぜって! 翼、付いてこられたのか?」
「えっ、何言ってるんですか? 雪・・・・」

雪は、お馬鹿だけどスポーツに関しては素晴らしい才能がある。
学園のスポーツテストでは、学園二位になのだから。
翼が自分に付いてこられることが不思議で。

「雪、どうしたんです?」
「あっ・・・・大丈夫だから!」
「そうですか! では、一緒に体操してもいいですか?」
「おう、いいぜ♪」

翼と雪は、準備体操とコートを10周を走ることを始めた。
そして、コートを10周走り終わる同時にいきなり少女が雪に向って
ジャンピングキックを見事にお見舞いしたのだ。

「ウ゛ゲっ・・・・」
「! 雪、大丈夫!?」
「翼、だいzy「なんでさ! 雪ごときが、翼ちゃんと一緒に行動してんだよ!?(怒」・・・・」

ジャンピングキックをしたのは、翼と同じのクラスの雪城悠(ゆきしろゆう)だった。
悠は、雪を踏みながら言うので雪は吃驚した。

「悠! 翼のこと、知ってるのか?」
「知ってるのかって! このオレが翼ちゃんみたいな可愛い子を知らないわけねぇだろうが!」
「そうだっと思うけどさ! 翼って、影が薄いだろう?」
「薄いって? 翼ちゃんは、地味で大人しいから見えなくだけで影は薄くねぇんだ!」
「そうか・・・・って! 悠、脚を退けろ!!!!」

悠に踏まれてることを今さら気づいた雪は、脚を退かす。
悠は、さっき言ったことをもう一度聞く。

「だから、なんで翼ちゃんと行動してるわけ?」
「それは、温室庭園に行ったら翼がいてさ! 話してみるとすげ楽しいから親友になったんだよ!」
「あっそう・・・・でも、雪ごときが翼ちゃんと親友とはね(裏笑」
「ごときって! つか、翼のことさ! いつ、知ったんだよ! お前は!」
「いつって! 学校初日に、職員室に行こうとしたら迷ってさ! だって、ここ広すぎだもんw」
「悠さんが迷っていんで僕が職員室に案内したんですよ! 雪(ニコっw」


悠は、3学期に椿学園へ転校してきた。
しかし、椿学園の敷地は莫大に広いために悠が道覚えが早いといえ!
初日でもある悠は、完全に迷ってしまていた。

「一度、椿学園に行ってれば良かった・・・・つか、何処だよ! ここ・・・・」

すると、偶然にも自分と同じくらい年頃の少年を見えたので急いで向う。
その少年の姿は、悠のタイプそのものであった。

「////(可愛いぃ~!!!!)」
「あの・・・・どうしましたか?」
「あの! 職員室はどこへ行けばいい?」
「職員室ですかぁ? あっ、僕のクラスにくる転校生って貴方でしたか♪(にこっw」
「////はい////」

翼の笑顔でノックアウトした悠は、完全に真っ赤である。
それを心配した翼は・・・・。

「大丈夫ですかぁ? 顔、真っ赤になってますけど・・・・?」
「大丈夫! えっと、オレは雪城悠! 君は?」
「僕は、佐藤翼って言います♪ では、職員室まで案内いしますよ、悠さん♪」
「本当に!(よっしゃw 翼ちゃんとまだ話せる♪)」
「はい♪ ちょうど、僕も先生に用事があったんで!」
「ね、翼ちゃんって呼んでいい?」
「ええ、いいですよ!(ニコっw」

それが翼と悠の出逢いであった。


「おい! 悠、起きろ!!!!」
「翼ちゃんとの出逢いを思い出しながら、あのときの翼ちゃんの可愛いさを
 どう表現をしようか! 考えていたのにさ↑↑」
「今の時間は、体育だ! それに、先生が集まれって言ってるぞ!」
「悠さんと雪、早く行きましょうよ!」
「「うんw/おう!」」

翼達3人は、皆が集まってる場所へと向った。
副委員長が全員揃ったのを確認して先生に報告し、座る。
保健体育兼担任の豊田雅希(とよだまさき)は、皆に今からやることを話す。

「今日は、バスケットボールの試合をしたいと思います!
 では、5人ずつのチームを作ったら私(わたし)に報告してくださいね!」
『は~い』

今日の5時間目の授業は、バスケの試合。
生徒達は、仲良しの人と組みながらチームを作って先生に報告してる。
翼達もチーム作りを開始する。

「翼ちゃんとオレは、チーム決定! あと、3人かw 翼ちゃん、探しに行こう♪」
「ちょっと待て! 俺だって翼とやりたいんだ↑↑」
「だめ! お前がいると、翼ちゃんといちゃいちゃできないだもん♪」
「悠さん! 僕、雪と一緒にやりたいですぅ!(天然な上目遣い」
「////翼ちゃん免じて入ってもいいぜw 雪」
「お前・・・・」

無意識の上目遣いにやられた悠は、簡単にOKしたのであった。
それを見て雪は、呆れるほどに。
翼達3人は、あと2人を探すために歩くことにした。


★あとがき★

前にweb拍手のお礼文で書いた、
悠と翼の出会い編をリメイクし、本編に載せてみました!
翼の可愛いさが表現できない・・・・、
そして、イケメン担当の雪が可笑しく(泣
悠は! 自由にいきてもらおう(おい!
もう、本当に変でごめんなさい m(_ _)m
こつこつと上手くなります↑↑
なので、また書き直しかよと言わないでください(泣
次回、運動音痴我が儘女王様とその召使いが登場かも♪
またね~☆

Comment

[57]

リメイク版お疲れ様!!!
たのしみにしてますた///

悠ちゃんの翼くんらぶな所が今回も良かったです☆
そして地味に雪君が凄く大好きな私!!!
雪君がんばって!!!!←

小説楽しみにしてますww
がんばってね///

[50]

今晩はーー^^*-
リンク訂正ありがとう♪

女子トークは、うーんどうだろうね;;
うちもあんまり気にしてやってないからさっ!!
このままでも大丈夫だと思うよw

[6]

今晩は!!!!
会いたかったよーーw
柚紗ちゃんッわあああん!!!←アホ
小説。
すーばらしいね!!!
流石柚紗ちゃん><

わかっよ!
心に貼り付けてください(笑い
そういって貰えるだけでも救いですから♪
ああっ、バナーは小さいのも作る予定なので
その時は迷惑かもしれないけどお知らせに来ますv

おおおっ早速感想有難う!
零亥は、結構ネガティブ見たいなので・・・・
結構、あほなウィンに救われてるはずです(多分

私も柚紗ちゃんの小説のファンとしてずっと読み続けますv
うふふっ
でわーー^^*

[5]

お疲れ様!うふふ(^m^)
翼くんと雪くん、時間を忘れるほど話し込んじゃうなんて仲良しだね~♪

ニヤニヤしてしまいましたよ♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

■PROFILE■

翼士柚紗

翼士柚紗
9月5日生まれの
漫画、ネット、ニコ動依存症な
専門生
可愛い系の♂と
カッコイイ系の♀が
大好き♪
薄い腐女子です(^O^)/

好きなCP
マスレン・クオレン・ミクレンミク
アル菊・西ロマ・エリギルエリ
雪燐・志摩燐
青黒・黄黒・キセキ黒
エレリ・エレアル
遙凛・怜渚
櫂アイ・櫂レン・レンアイ
などです(//∀//)
遙凛・櫂アイがはまり中!

看板息子たち
【翼音つばさ(プロフ)】
【佐藤翼(プロフ)】
【椿そら(プロフ)】

Twitter
PIAPRO
PIXIV

FAVORITE
BEST

■SEARCH■



■MANAGER USE■

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。